一人暮らしで賃貸マンションを探すなら|周辺環境も重要

若者に人気の物件

間取り図

専門学校が多いです

新大阪は大阪府唯一の新幹線の駅があるところなので、多様な人が利用するところです。しかし新大阪は、隣の大阪駅などと比べると、駅前にそれほど繁華街が存在しません。そのため新大阪をあまり知らない人は、新幹線を降りても、すぐに大阪駅などに向かいます。ところが駅前から少しだけ離れただけで、実は繁華街が広がっているのです。繁華街というのは、やはり若い人が多いほど、広がりやすい傾向があります。すなわち新大阪周辺には、若い人が集まりやすい要因が存在しているのです。そうした要因の一つが、新大阪駅周辺に多数開校している専門学校です。専門学校の場合には高校とは違って、周辺の賃貸物件を借りることが多くなります。したがって新大阪周辺には、専門学校生向けの賃貸物件が多いのです。

セパレートタイプの需要

専門学校生が賃貸物件を借りる場合は、ワンルームやそれに準じたものがよく選択されます。ワンルームといえば、以前は水回りに特徴がありました。以前までのワンルームの水回りは、ユニットバスが大半を占めていたのです。もちろんユニットバスは、現在でもたくさん存在しています。ユニットバスにすると、そのぶん家賃が安くなるので、若い世代には向いているのです。しかし最近は世の中が、少子化になり始めています。少子化になると、一人の子供に使用できるお金が多くすることが可能です。そのため賃料の安いユニットバスではない、セパレートタイプの賃貸物件でも需要が高くなっています。こうしたことから新大阪周辺の賃貸物件は、セパレートタイプに人気があるのです。