一人暮らしで賃貸マンションを探すなら|周辺環境も重要

お金に関すること

案内

交渉の余地があります

賃貸マンションを探す際に、例えば目黒区の中から選ぶのなら、まずはさまざまなことに関して交渉しておくことをおすすめします。まず、家賃に関してですが、もちろん時期や目黒区でもどのあたりにするのかによって多少の違いはあるものの、基本的には賃貸マンションの家賃というのは、値引きする分をあらかじめ上乗せしていることが多いのです。オーナーさんや不動産会社にしてみれば、提示している金額で目黒区の賃貸マンションを契約してもらえれば幸運ですが、逆に一円も交渉の余地がないとなると、せっかく現れた借主に逃げられてしまう可能性があります。上乗せした分を少しずつ下げていけば、相手にお得感を与えることができるというわけです。そのため、限度はありますが遠慮せずに交渉していきましょう。

入居する前に

家賃の相談をしたからといって、そこで満足するのではなく、目黒区の賃貸マンションに入居する前にも、話し合いをしておくべきです。窓枠などが錆びていたり、ドアの開閉がスムーズではない、あるいはバスルームにカビが生えているといったことがあるなら、事前に交換や清掃をしてもらえるのかを聞いておきます。もしも現状のままなら、それを材料に再び家賃の交渉をするか、退去する際に原状回復をする費用を、いくらか値引きしてもらえるようにしておきましょう。その時は必ず契約書に明記しておけば、後々のトラブルを防げます。できるだけ費用を抑えつつ利用したいのなら、わざと内装が傷んでいる賃貸マンションを狙って、交渉するのも賢い方法です。